七つの大罪ネタバレ・あらすじ304話「ゼルドリスが仲間になる」

七つの大罪ネタバレ・あらすじ304話「」
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年3月20日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新304話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介したいと思います。

前回は、魔神王との内側と外側での対決が描かれていましたね!

どちらとも勝負して押している魔神王は流石だなとも思いました。

そんな中、外側では絶体絶命のピンチを迎えていましたが、なんとゼルドリスが助けに入ってくれましたね!

最新304話では、ゼルドリスも仲間になり、ついに魔神王を倒す事ができるのでしょうか?!

それでは、2019年3月20日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新304話のネタバレ・あらすじ・考察など最後までゆっくりご覧ください。

関連記事:七つの大罪最新刊34巻発売日いつ?表紙画像もご紹介


スポンサーリンク



前回の内容の振り返り

再会

突如現れたエリザベスと七つの大罪にメリオダスは驚いています。

エリザベスは、メリオダスに諦めないよう言いました。

ゴウセルは、ここはメリオダスの精神世界の中で、自分達は直接干渉することはできない。

だからみんなの想いを伝えるためと話しましたが、何故か途中で話をやめました。

途中で話をやめたゴウセルに対し、キングはどうしたのか尋ねました。

空気を読まなきゃとゴウセルが言うと、目の前には抱き合うメリオダスとエリザベスがいたのでした。

煉獄に1000年居たので老けたろ?とメリオダスは言い、エリザベスは、好きと泣きながら笑顔で答えました。

次の瞬間、魔神王が攻撃してきました!

しかし、メリオダスは魔神王を吹き飛ばしました。

吹き飛ばされ、メリオダスの力に驚いた表情をみせる魔神王。

エリザベスと七つの大罪の存在と想いが、自分に力をくれた。

とメリオダスは言いました。

メリオダスは魔神王にはもう勝ち目はない。

 

総力戦

メリオダスに勝ち目がないと言われた魔神王は現実世界でも苦しんでいます。

それならばと、メリオダスの力の源を断ち切るために、現実世界にいる七つの大罪に攻撃しましたが、リュドシエルとマエルが立ちふさがり防がれてしまいました。

四大天使ごときが神に刃向かうかと魔神王は言いながら、背中にある触手のようなものを上空へ飛ばしました。

そしてその触手の形が姿を変えて、”嘆息(たんそく)の賢人”となりました。

人間ごときも刃向かわせてもらうぜと、バンは、”強奪(スナッチ)”で”嘆息(たんそく)の賢人”を地面に叩きつけました。

しかし、バンは、魔神王の攻撃によって吹き飛びました。

そのまま“嘆息(たんそく)の賢人”は再び上空へ上がっていきました。

魔神王は親子の問題に対し、他人が介入するな!

そして、”嘆息(たんそく)の賢人”の口からエネルギー体が発射されて、とてつもない爆発を起こしました。

 

裏切り!?

あれだけの爆発を受けましたが、何とリュドシエルが皆を守っていました。

リュドシエルは友と弟を二度と失うわけにはいかないと言います。

奮闘していたリュドシエルですが、魔神王はあと五秒ももたないと宣言します。

バンが、その前に止める!と言いましたが、バンを攻撃して魔神王は止めるのを阻止しています。

魔神王とやり合うだけで手一杯となり、七つの大罪達を助けに行けないバンは困っています。

その時、ヘンドリクセンが魔力の爆撃の中を歩いている人影を発見しました!

ヘンドリクセンは、この爆撃の中をバン以外に耐えられるものがいるのかと考えていると、その人影は”嘆息(たんそく)の賢人”を剣で突き刺しました。

何と“嘆息(たんそく)の賢人”を攻撃したのは、ゼルドリスだったのです!

魔神王もなんの真似だと言います。


スポンサーリンク



漫画『七つの大罪』最新304話 ネタバレ・考察

最新304話の展開としては、魔神王を裏切ったゼルドリスと、バンがやられてしまい、メリオダスが現世に戻り、魔神王と最終決戦という感じになるのではないかと思っています。

バンは不死でなくなったという死亡フラグがたっているので、殺されてしまう可能性もあります。

しかし、なんだかんだメインキャラクターは死んでいないので、生き残るかもしれませんが、やはり永遠の命を失ったというのは大きいと思うので、死んでもおかしくはいと思っています。

一方のゼルドリスは、まだメリオダスと和解していないので、ここでは死なないと思っています。

しかし、魔神王の会心の一撃をメリオダスの代わりに受けて、最後に和解するパターンも大道ではありますが、あるかもしれませんね!

また、本当に魔神王を裏切り仲間になるのかも気になりますね!
一時の気の迷いかもしれませんので、304話の展開が気になりますね!

 

304話でゼルドリスは味方になるの?

ゼルドリスは、メリオダスの弟、そして女神族を滅ぼそうとしていた魔神族のリーダーでもあり、魔族を象徴するようなキャラクターです。

魔族の象徴ともいえるようなゼルドリスが、なんとここへきて魔神王を裏切り、メリオダスやエリザベスの助けに入るとはかなり熱い展開です。

ゼルドリスはメリオダスを魔神王にするというのが最大の目的でした。

しかし、それは魔神王の罠であり、実際には魔神王が現世に復活するという状況になってしまいましたので、ゼルドリスとしては、そんな目的だったとは知らず、魔神王に騙されてしまっていました。

そういう状況になったゼルドリスは今後どうするのかが注目されていましたが、この最終局面で父である魔神王ではなく、兄のメリオダス側につくという決断を下したようです。

このまま和解し、仲間になることはないと思いますが、この二人の共闘は七つの大罪ファンにはたまらない展開だと思います。

このまま魔神王を倒してほしいですね!!

関連記事:七つの大罪ネタバレ・あらすじ305話「魔神王を討伐」


スポンサーリンク



漫画『七つの大罪』最新304話に対する読者の評価・感想は?

 

漫画『七つの大罪 』最新刊を今すぐ無料で読める裏技はある?

七つの大罪 ネタバレ 299

通勤電車内や通学中に電車内でサクッと最新漫画が読みたい!

ちょっとした空いた時間に最新漫画が読めるアプリが欲しい!

そんな漫画『七つの大罪 』最新刊を今すぐ無料で読みたい方にオススメなのが、『U-NEXT』という公式サービスになります。

このサービスでは、最新漫画だけでなく、最新の映画・ドラマ・週刊誌なども業界トップクラスで配信されています。

また、U-NEXTを利用するメリットとしては、

  • 最新雑誌が70誌以上が読み放題
  • 雑誌はスマホにダウンロードしておけるので、オフライン環境でも読めます
  • サービスを複数人で利用する事も可能
  • 無料で読める漫画が多数配信されている
  • 会員の方には、毎月ポイントがプレゼントされます
  • 立ち読み機能もあり、最新刊でも20~30ページ読める作品もあります
  • 発売されたばかりの最新刊を無料で読むことも可能

にあります。

何より、U-NEXTをオススメする最大の理由は、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施してからです。


私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さまも、この31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ!

こんなお得なキャンペーンがいつ終わるのかわかりませんので、ぜひこの機会に利用してみて下さいね。

また、本ページの情報はH31年3月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXTを利用する<<

 

U-NEXTの登録手順

U-NEXTの登録手順は、簡単4ステップで登録完了!

  1. まずは下記の公式ホームページにアクセスします。
  2. そして『31日間無料体験』をクリックします。
  3. 必要事項を入力し『次へ』をクリックします。
  4. 無料キャンペーンとなりますが、クレジットカード情報を入力し、『送信』をクリックし、登録完了です!

>>公式HPはこちら<<

 

七つの大罪 ネタバレ 304話 まとめ

2019年3月20日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新304話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

何といってもゼルドリスが最後に助太刀に入ってくれたのは衝撃でしたね!!

今後はゼルドリスの動向次第で決着のつき方が変わってきそうですね!!

ゼルドリスは本当に仲間になったのでしょうか?!

メリオダストとゼルドリスの共闘シーンは見られるのでしょうか?!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

七つの大罪 ネタバレ 303話

七つの大罪ネタバレ・あらすじ303話「メリオダスが本来の力を発揮」

七つの大罪 最新 292話

七つの大罪ネタバレ・あらすじ292話「マーリンの魔法の詳細」

七つの大罪 キング 覚醒 形態

七つの大罪のキング覚醒後の強さとは?霊槍シャスティフォルの形態も解説

七つの大罪ネタバレ・あらすじ299話「マーリンが呪文を完成」

七つの大罪ネタバレ・あらすじ306話「」

七つの大罪ネタバレ・あらすじ306話「世界から魔神が全て撤退」

七つの大罪 最新 290話

七つの大罪ネタバレ・あらすじ290話「エスカノールが無力化」