アオアシネタバレ・あらすじ163話「ディフェンスの楽しさ」

アオアシネタバレ・あらすじ163話「」
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年1月21日発売のビッグコミックスピリッツ掲載漫画『アオアシ』最新163話のネタバレ・あらすじ・考察についてご紹介したいと思います。

ハーフタイム中の福田監督のアドバイスに対し、冨樫たちは実力不足を痛感していました。

しかしながら、実際に実行してみることを決め行動に出ました。

福田監督はボールを奪うポイントを事前に決めておいてそこへ誘導するのだと説明していました。

つまりは、嵌めるのだと…。

そして試合の中で朝利や冨樫はAチームのメンバーが自分の意図を汲み取り、2手3手先まで見越した動きをすることに感動をしていた。

そんな中で葦人は、辰巳に集まったボールを小早川と協力し再び奪い返すことに成功たのであった。

そこで今回は、2019年1月21日発売のビッグコミックスピリッツ掲載漫画『アオアシ』最新163話のネタバレ・あらすじ・考察について最後までゆっくりご覧ください。

関連記事:アオアシ最新刊15巻発売日いつ?表紙画像付きで解説


スポンサーリンク



前回の内容の振り返り

東京VANS戦のハーフタイム中に福田監督が出した指示を聞いた葦人は、思わず「奪ってカウンター狙いに切り替えるかと」疑問を投げかけました。

それに対し福田監督からの返答は、”言葉通りで考えるのではなく感覚を理解することが大事”であるのだと説明をする。

さらに福田監督はボールを奪うポイントを事前に決めておくことで、その地点へ誘導するのだと言う。

そしてこの流れを”嵌める!”のだと福田監督は葦人たちに伝えたのだった。

そして場面は試合の最中。

小早川と協力をしたことにより葦人は、辰巳からボールを奪い取ることにせいこうしたのだった。

しかし奪ったボールを桐木のいる前方へとパス多くったのだが、そのパスは桐木へととおることはなかった。

葦人の相手が先輩であっても物怖じしない姿に触発された朝利も、先輩である松永へと指示を出す。

すると朝利の指示を読んでいたかのような素早い動きを見せる松永。

そんな松永は、プレーがと途絶えてしまった所であっても二手先三手先を指示してくるようにと要求したのだった。

前半には見られなかったエスペリオンの新しい動きと、先輩後輩の垣根を超えた守備が構築されつつあった。

そんなエスペリオンの守備に閉塞感を感じ始めたのは、東京VANSの選手たちだった。

葦人たち1年のDF4人は、自分たちの意図を読み取りその先の先まで考えて動く先輩たち、もといAチームの実力の高さに感動したのであった。

しかし感動するばかりではいられないと葦人は、再び小早川にうまく指示を出すことができた。

そして再び、辰巳を嵌め込みボールを奪い取ることに成功をしたのであった。

水を得た魚のようにイキイキとした表情と動きを見せる葦人。

そんな葦人の姿を見つめながら、福田監督は今一番守備を楽しんでいるのは葦人だろうなと嬉しそうにつぶやいていた。

そして先輩への変な遠慮のなくなった葦人は、相変わらず小早川先輩を呼び捨てで指示を出す。

そして、東京VANSを見事嵌めることができたのであった…。


スポンサーリンク



漫画『アオアシ』最新163話 ネタバレ・考察

 

「嵌める」サッカーを実感!

東京VANSの宝生監督やコーチ陣も、今目の前で何が起こっているか理解できずにいました。

なぜなら、後半になってからエスペリオんのDFに連動性が出始めたからだった。

そこでVANSの選手たちは、攻め方を変えるなどして攻め込もうとしていた。

だが葦人たちは嵌めるポイントを共有しながら守備していたため、全く動じることなくボールを奪う事ができたのだった。

ボールを保持するということにこだわるのではなく相手にボールを持たせ、ここぞという場面において

ボールを保持するのにこだわるのではなくて、相手にボールを持たしてここぞというポイントで奪う「嵌める」サッカーが、だんだんと機能し始めていた。

すると、葦人の目の色もだんだんと変わってきた。

前半とは全く違って面白いように、試合が自分たちの手でコントールできているという実感があったからだ。

 

想像を超える葦人たちの動き

福田監督は、ヘッドコーチである伊達望と話していました。

今日の試合の前半というのは、葦人たちDF4人の新人がチームから信頼を得るためにとても必要な時間であったという。

そして葦人たちDF4人の新人がうまく機能したことによって、後半の試合から相手にボールを持たせる「嵌める」という指示に繋げることができたのだという。

そしてさらに福田監督は望コーチに嬉しそうに葦人たちDF4人の可能性の話しを続けました。

だから望、計算通りなんかじゃないんだぜ。あいつらは想像を超えてくれたんだと言います。

今日という日は、素晴らしいな日だな望。

 

真のディフェンスの楽しさ

一方の試合で奮闘する葦人たちは、自分たちで考えて試合展開を運ぶことができていました。

ロングボールは13番にあててくるからこそ、相手にそのまま当てさせてやればいい。

そして、それさえもふさぎに行くなんていう必要はない。

要は誰が拾うのかが、重要なことなのだという。

拾うのが酒井か辰巳意外であれば、サイドに追いやればいいだけのこと。

そして酒井か辰巳であった場合は、中央へ誘導していけばいいだけなのだ。

葦人は、この試合で気づくことができたのでした。

ボールを持たせている。守備してる俺達が、敵の動きをコントロールしてると。

俺達の思った通りのところに動いてくれる…これがボールをもたせる感覚という事がわかります。

”嵌める”という感覚さえ持っていれば、もはや福田監督の指示したポイントにわざわざこだわらなくてもいいのだ。

そうすることで葦人たちは、あちらこちらでボールを奪える場所やチャンスを増やすことができるのだ。

守備が楽しいと言った葦人はとてもいい表情をしており、真の意味でのディフェンスの楽しさを全身で感じていたのだった。

だからこそ、そんな葦人はもう誰も止めることなどはできないのであった…。

関連記事:アオアシネタバレ・あらすじ164話「桐木の3つの選択肢」

 

163話の感想

真のディフェンスに気づきその楽しさを見出すことのできた葦人。

とてもいい表情をしていましたね!

福田監督のいう”嵌める”という感覚が身に着くことで、葦人のサッカーはまた1つ進化を見せてくれた気がします。

またフィジカルもさることながら、チームの全員が”嵌める”という感覚を意識できていないとこの楽しさは生まれなかったのかもしれません。

技術やパワーだけではない、戦略という楽しさがサッカーには必要不可欠であることを再認識させてくれたように感じました。


スポンサーリンク



漫画『アオアシ』最新163話は面白い?最近の読者の感想は?

 

漫画『アオアシ』最新刊を今すぐ無料で読める裏技はある?

アオアシ ネタバレ 151

通勤電車内や通学中に電車内でサクッと最新漫画が読みたい!

ちょっとした空いた時間に最新漫画が読めるアプリが欲しい!

そんな漫画『アオアシ』最新刊を今すぐ無料で読みたい方にオススメなのが、『U-NEXT』という公式サービスになります。

このサービスでは、最新漫画だけでなく、最新の映画・ドラマ・週刊誌なども業界トップクラスで配信されています。

また、U-NEXTを利用するメリットとしては、

  • 最新雑誌が70誌以上が読み放題
  • 雑誌はスマホにダウンロードしておけるので、オフライン環境でも読めます
  • サービスを複数人で利用する事も可能
  • 無料で読める漫画が多数配信されている
  • 会員の方には、毎月ポイントがプレゼントされます
  • 立ち読み機能もあり、最新刊でも20~30ページ読める作品もあります
  • 発売されたばかりの最新刊を無料で読むことも可能

にあります。

何より、U-NEXTをオススメする最大の理由は、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施してからです。


私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さまも、この31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ!

こんなお得なキャンペーンがいつ終わるのかわかりませんので、ぜひこの機会に利用してみて下さいね。

また、本ページの情報はH31年1月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXTを利用する<<

 

U-NEXTの登録手順

U-NEXTの登録手順は、簡単4ステップで登録完了!

  1. まずは下記の公式ホームページにアクセスします。
  2. そして『31日間無料体験』をクリックします。
  3. 必要事項を入力し『次へ』をクリックします。
  4. 無料キャンペーンとなりますが、クレジットカード情報を入力し、『送信』をクリックし、登録完了です!

>>公式HPはこちら<<

 

アオアシ ネタバレ 163話 まとめ

今回は、2019年1月21日発売のビッグコミックスピリッツ掲載漫画『アオアシ』最新163話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

福田監督が言う”嵌める”サッカーが、しっかりと葦人たちDF4人の新人にも伝わり敵の動きをコントロールすることができるようになりました。

前半の流れを一変した後半戦ですが、これも前半戦でDF4人の新人が先輩たちとの信頼を得ることができていたからこその成果。

計算ではなく、福田監督の想像を超える動きを見せた新人であるDF4人の可能性なんですよね。

着実に成長をしその成果を発揮する葦人をはじめとする新人DF陣の可能性は、まだまだ伸びしろがあるということですよね!

だからこそ、この試合で彼らがまだまだたくさんの事を学び成長し、さらに強くなっていくのかもしれませんね。

しかし、ここで気になってくるのは今回登場しなかった桐木。

次回では、そのあたりも描いてほしいところではあるのですが、どんな展開になってくるのかに期待したいところですね!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アオアシ ネタバレ 169

アオアシネタバレ・あらすじ169話「葦人が覚醒」

アオアシネタバレ・あらすじ164話「」

アオアシネタバレ・あらすじ164話「桐木の3つの選択肢」

アオアシ ネタバレ・感想 153話

アオアシネタバレ・あらすじ153話「葦人のロープ練習の成果」

アオアシネタバレ・あらすじ171話「」

アオアシネタバレ・あらすじ171話「義経から阿久津への厳しい助言」

アオアシ ネタバレ・あらすじ 最新159話

アオアシネタバレ・あらすじ159話「酒井のシュートの影響」

アオアシネタバレ・あらすじ162話「」

アオアシネタバレ・あらすじ162話「葦人が守備から得るもの」