七つの大罪ネタバレ・あらすじ296話「メリオダスの感情の有無」

七つの大罪ネタバレ・あらすじ296話「」
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年1月16日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新296話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介したいと思います。

前回、ついにメリオダスが現世に復活することが明かされただけでなく、全ての戒禁がメリオダスに向かっている事が判明!

意志を持った戒禁を止める事は出来ないと言ったエリザベスの言葉通り、マーリンも隠していた戒禁を止める事が出来ず…。

一直線にメリオダスに向かう戒禁が、メリオダスをどう変えてしまうのでしょうか。

せっかく感情を持ったまま戻るメリオダスでしたが、10もの戒禁を取り込みまた冷酷なメリオダスに戻ってしまうのでしょうか。

今回、メリオダスが戒禁を取り込んで見た目も中身もどう変わるのかすごく気になります!

それでは、2019年1月16日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新296話のネタバレ・あらすじ・考察など最後までゆっくりご覧ください。

関連記事:七つの大罪最新刊34巻発売日いつ?表紙画像もご紹介


スポンサーリンク



前回の内容の振り返り

魔神族がこれはキングの?と武器だけ現れて驚いている様子に、マーリンが「遠隔操作による攻撃だ、完全な妖精王の力に目覚めたか」と言います。

ゼルドリスは、北から複数の巨大な力がここを目指している事に気付いている様子。

キングは、遠隔操作だと一度に一つの形態しか摂れない上に、魔力消費量が大きすぎると早々にカタをつけると遠隔攻撃を繰り返します。

キングが繰り出した「真・霊槍シャスティフォル・第四形態”光華(サンフラワー)”」では、巨大な植物を出現させ攻撃をしますが、その攻撃もゼルドリスによって無効化されてしまっています。

原初の魔神に俺が引き受けると言うゼルドリスは、原初の魔神にエスカノールとマーリンを仕留めるように言い、その様子を見ていたヘンドリクセンは逃げろとギルサンダーに言います。

しかし、マーガレットを置いて逃げるつもりはないと断るギルサンダー。

マエルが生きていた、あいつが魔神族などに殺されるはずがないとわかってた。とリュドシエル(マーガレット)は立ち上がり、ヘンドリクセンにしがみつきます。

ショックで歩くことも飛ぶこともできないリュドシエルをかわいそうに、と「浄化(パージ)」でマーガレットからリュドシエルを分離させます。

その様子に驚くギルサンダーに、浄化は魔を滅するだけでない、泥水を濾過し真水に戻す事も出来ると生き荒く説明するヘンドリクセンは、彼がここまで衰弱していなければ不可能だった。と続けます。

一か八かの賭けが上手くいったと言うヘンドリクセンは、マーガレットを連れて逃げろと言いますが、ギルサンダーはどうするとヘンドリクセンに尋ね、罪を犯しすぎたと返事がきます。

彼を放っておけないというヘンドリクセンは、最後に父からの伝言だと「いつも見守っている」と優しく微笑んで見せます。

行け、と言われたギルサンダーは、涙をこぼしながらマーガレットを抱えて逃げます。

よくも謀ったなというリュドシエルに覚悟はできているというヘンドリクセンは、この魂といういる命尽きるまでどうぞ私を器としてお使いください。とリュドシエルに自身を差し出します。

一方、ゼルドリスと遠隔攻撃で戦っているキングに無駄な抵抗はやめろとゼルドリス。

しかしさらに攻撃を繰り出すキングにそろそろ気付いても良い頃だぞ、七つの大罪どもと言ったゼルドリスの言葉に、エリザベス達もキャメロットへ向かう自分たちよりずっと前を進んでいる気配に気付きます。

エリザベスはさらに、「マエルから出た四つの戒禁」だとその正体に気付きます。

戎禁とは、魔神王の力の欠片で、一つ集まるほどに力が増し自我をもつようにすらなり、そうなった戎均は互いに強い引力で引き寄せ合うのです。

キャメロットではメリオダスが5つの戎禁を取り込んでいるはずなので、戎禁たちもそこを目指しているのだろうと言います。

止める手段はなく、エリザベスによれば戎禁が全部そろう事でメリオダスが本当に魔神王になると説明されます。

しかし、マーリンがメラスキュラの戎禁を持っていたというディアンヌの言葉にホッとしながらも、不安は払拭できない様子です。

もう手遅れという言葉通り、マーリンが持っていた戎禁が何かに共鳴し試験管が壊れてしまいました。

メラスキュラがどこかへ向かっていきますが、それをついに来たかと見上げるゼルドリスは(ゲルダ、もうじきだ)と思っています。

 

感想

クライマックスに相応しい展開になってきました。

エリザベスの心配通り、戎禁が暴走し「もう手遅れ」と思わざるを得ません。

新しい魔神王の誕生とゼルドリスが歓喜していますが、メリオダスがついに登場となりそうですね!


スポンサーリンク



漫画『七つの大罪』最新296話 ネタバレ・考察

戎禁が全部集まってしまう?

マエルが自我を取り戻した事で、4つの戎禁がマエルから放出されています。

放出された戎禁は、ただフワフワとするわけではなく、他の戒禁と動揺にメリオダスのところにまっすぐ向かっているようです。

意志を持った戒禁を止める事はできないようで、マーリンすらどうすることもできないんですね…。

マエルは、この展開をゼルドリスが「読んでいた」と言っていますが、そのゼルドリスの相手になっているのが覚醒し妖精王ハーレクインとなったキングです。

覚醒したキングvsゼルドリスというかなり面白そうな組み合わせですが、ここで一旦休止となるでしょうか?

ゼルドリスの「魔神王」の力で無力化できるのは魔力だけなので、「真・霊槍シャスティフォル」の直接攻撃は防げないようです。

遠隔攻撃が得意なキングはゼルドリスの「凶星雲」とも距離を保って戦えるので、キングが有利だと感じました。

しかし、ゼルドリスはキングを倒す事が目的ではなく、メリオダスが戻るまでのただの時間稼ぎだったという事ですよね。

しかし、こんなに早くメリオダスが復活となると…、あの原初の魔神の影が薄れてしまいますね。

 

リュドシエルはヘンドリクセンに入る?

ヘンドリクセンが「浄化(パージ)」でマーガレットに憑依していたリュドシエルを分離させましたが、これで久しぶりに黒髪のリュドシエルを観る事ができました。

リュドシエルに心酔した様子に見えたヘンドリクセンでしたが、これを狙っていたという事になります。

女神族は、聖戦で力を使い果たしてしまい、誰かの身体に憑依していないと存在できない事になっているので、このままヘンドリクセンの要望通り憑依するでしょうね。

しかし、このまま本来のリュドシエルの姿で進む可能性も…?

女神族にとっては、これからメリオダスが現世に復活するという最悪の事態を迎えるだけでなく、戒禁も動き出し止める手立てもありません。

とはいえ、読者にはかなりワクワクする展開になっていますし、メリオダスの登場も久しぶりなので嬉しいと思っている人も多いですよね!

戒禁を取り込んだメリオダスがどんな容姿に変化するのかも気になりますが、殲滅状態(アサルトモード)に近い状態になるのでしょうか?

または、魔神王らしく巨大化する可能性も…?

 

メリオダスの感情は…?

一番気になっているのが、魔神王メリオダスに「感情」があるのか、というところです。

当初の予定では、七つの大罪メリオダス=感情メリオダスは煉獄で封印されて、現世に復活する時には以前のような冷酷なメリオダスに戻っているという話でした。

しかし、感情が残ったメリオダスは、煉獄でうまく魔神王を出し抜き逃げてきました。

脱出時には、魔神王が感情が残ったままのメリオダスが復活することでかなり焦った様子でしたが…。

それに、煉獄から脱出する時に、メリオダスは初代魔神王の腕を破壊しながら「今現世に戻ったところで居続けられない」と話していたので、メリオダスが現世に復活しても長居できない事が予想できます。

とはいえ、魔神王メリオダスの力がどのようなものなのか、またその力の代償は何なのかも気になります!

関連記事:七つの大罪ネタバレ・あらすじ297話「太陽の恩寵の力」


スポンサーリンク



漫画『七つの大罪』最新296話に対する読者の評価・感想は?

 

漫画『七つの大罪 』最新刊を今すぐ無料で読める裏技はある?

七つの大罪 ネタバレ 283

通勤電車内や通学中に電車内でサクッと最新漫画が読みたい!

ちょっとした空いた時間に最新漫画が読めるアプリが欲しい!

そんな漫画『七つの大罪 』最新刊を今すぐ無料で読みたい方にオススメなのが、『U-NEXT』という公式サービスになります。

このサービスでは、最新漫画だけでなく、最新の映画・ドラマ・週刊誌なども業界トップクラスで配信されています。

また、U-NEXTを利用するメリットとしては、

  • 最新雑誌が70誌以上が読み放題
  • 雑誌はスマホにダウンロードしておけるので、オフライン環境でも読めます
  • サービスを複数人で利用する事も可能
  • 無料で読める漫画が多数配信されている
  • 会員の方には、毎月ポイントがプレゼントされます
  • 立ち読み機能もあり、最新刊でも20~30ページ読める作品もあります
  • 発売されたばかりの最新刊を無料で読むことも可能

にあります。

何より、U-NEXTをオススメする最大の理由は、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施してからです。


私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さまも、この31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ!

こんなお得なキャンペーンがいつ終わるのかわかりませんので、ぜひこの機会に利用してみて下さいね。

また、本ページの情報はH31年1月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXTを利用する<<

 

U-NEXTの登録手順

U-NEXTの登録手順は、簡単4ステップで登録完了!

  1. まずは下記の公式ホームページにアクセスします。
  2. そして『31日間無料体験』をクリックします。
  3. 必要事項を入力し『次へ』をクリックします。
  4. 無料キャンペーンとなりますが、クレジットカード情報を入力し、『送信』をクリックし、登録完了です!

>>公式HPはこちら<<

 

七つの大罪 ネタバレ 296話 まとめ

ここまで2019年1月16日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新296話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

前回、復活したマエルも仲間に加わり七つの大罪がキャメロットへ集結する場面!

猛威を振るっていた原初の魔神でしたが、キングの遠隔攻撃で魔神族の一方的な攻撃を阻止することに成功しました。

しかし、ゼルドリスがキングの攻撃を一切引き受けるという事で、ここからゼルドリスとキングの戦いに…?!と思ったのですが、それもゼルドリスの作戦だったようです。

遂にメリオダスが現世に戻るという事ですが、戒禁もメリオダスに向かっているので不安要素が倍増しましたね!

今回、感情を持ったままのはずのメリオダスが、戒禁を取り込む事でどう変わってしまうのか、展開が気になります!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

七つの大罪 十戒 ゴウセル 闘級

七つの大罪の十戒メンバーのゴウセルの闘級・生い立ち

七つの大罪ネタバレ・あらすじ300話「」

七つの大罪ネタバレ・あらすじ300話「魔神王の戦闘相手」

七つの大罪ネタバレ・あらすじ307話

七つの大罪ネタバレ・あらすじ307話「エピローグスタート」

七つの大罪 ネタバレ 303話

七つの大罪ネタバレ・あらすじ303話「メリオダスが本来の力を発揮」

七つの大罪 十戒 戒禁 画像 強さ

七つの大罪の十戒メンバーの強さ・戒禁を画像付きでご紹介!

七つの大罪 最新 287話

七つの大罪ネタバレ・あらすじ287話「ゼルドリスの闘級が判明」