七つの大罪ネタバレ・あらすじ289話「無敵の権化が敗れる」

キングダム 最新 289話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2018年11月14日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新289話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介したいと思います。

前回、ついにエスカノールが無敵の権化になりました!

この戦いでいずれこうなるとは思っていましたが、思っていたよりも早い展開になりましたね。

対する無敵の魔力を持っているゼルドリスが勝つ事になるのか、1分間の無敵の権化を持つエスカノールが勝つ事になるのか。

問題はエスカノールが勝ったとしても勝敗後にはボロボロになってしまっているでしょうし、残るメンバーの事を考えると今回エスカノールが負ける展開はないと思えますよね。

それでは、2018年11月14日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新289話のネタバレ・あらすじ・考察など最後までゆっくりご覧ください。

関連記事:七つの大罪最新刊34巻発売日いつ?表紙画像もご紹介


スポンサーリンク



前回の内容の振り返り

ゼルドリスは、リュドシエルたちの攻撃が届く前に謎の攻撃を仕掛けています。

その攻撃の正体が、闇の力によるものなのか、姿の見えない新手の刺客か見当はつきませんが自分が見切れない時点でゼルドリスの剣技ではない、と話すリュドシエル。

「全反撃(フルカウンター)」と同じ理屈だと予想し、自分たちの攻撃を見切って反撃していると話します。

反撃のタイミングさえ計らせなければいい、とリュドシエルは「輝閃(ルビー・シャイン)」で強烈な光を放ってゼルドリスの目を眩ませました。

さらに、エスカノールが放った魔力の爆発で、自分たちの気配を隠蔽し、リュドシエルとエスカノールはこの隙にゼルドリスに攻撃します。

しかし、リュドシエルとエスカノールは謎の攻撃で吹き飛ばされて壁にめり込みます。

なぜ攻撃が見切られたのかリュドシエルは理解ができない様子です。

ゼルドリスは、また「凶星雲」で吸い寄せますが「時間が惜しい、本気で行くぞ」と速度を倍増させます。

その速度に「瞬間移動(テレポート)」すら間に合わないマーリン。

ゼルドリスは、マーリンの戒禁を奪おうと謎の攻撃でマーリン・ヘンドリクセン・ギルサンダーを攻撃しました。

三人は壁に吹き飛びますが、エスカノールが庇います。

マーリンは「すまない」とエスカノールに謝り、自分は己の心に従ったまで、と返すエスカノール。

マーリン達を庇ったエスカノールは、マーリンの肩から血が流れている事に気付いて「暴発する矜持(クレイジー・プロミネンス)」で魔力を放出し、辺り一帯で爆発が起こりゼルドリスがいる場所の天井が崩壊しました。

崩壊した天井はゼルドリスに落下しますが、マーリンはゼルドリスの「凶星雲」の正体を理解したようです。

「凶星雲」の正体は、極限の集中状態で闇を拘束で回転させて渦を生み出して周囲の生き物を真空に空気が一気に流れ込むように猛烈に引き寄せます。

間合いに入るあらゆるものを、脊髄反射によって回避不可能の斬撃で斬り散らかしている、「全反応(フルリアクト)」と話すマーリン。

リュドシエルは、ゼルドリスの神速が自分の専攻すら凌駕する「神の領域」である事に納得がいかない様子です。

リュドシエルは四大天使長として、スティグマ指導者として聖戦に勝利する責任と義務がある、なにより自分はそのために愛情も友情もすべて犠牲にしてきたと話します。

そのままゼルドリスに飛び込んで攻撃しますが、ゼルドリスの「全反応」による攻撃が返ってきて、その攻撃を受けそうになったリュドシエルをギルサンダーが庇います。

残ったのはエスカノール、マーリン、ヘンドリクセンだけとなり、エスカノールはマーリンに1分だけ耐えてくれ、と話します。

マーリンもそれを聞いて察し「自分も二度とヘマはしない」と今まで以上の速度で連続テレポートを使っています。

エスカノールは、ゼルドリスの「凶星雲」の影響を受ける事なく歩いて向かいます。

「長男(メリオダス)といい、次男(エスタロッサ)といい、貴様ら兄弟はよほど我に討ちのめされたいらしいな」そして「時は満ちた」というエスカノール。

「天上天下唯我独尊」

正午ちょうど1分間、ザ・ワン解放となってエスカノールvsゼルドリスの展開に!

 

感想

リュドシエルは、ゼルドリスの魔力がフルカウンターの応用だと読みましたが、外れてしまいましたね。

ゼルドリスはやはり本気の域ではなかったようで、前回ついに本気を出してさらに引力が増してさらなる窮地に…。

リュドシエルとギルサンダーも戦闘不能状態ですし、マーリンは延々と瞬間移動を発動するしかなくなりましたが…。

ちょうど正午を迎え、エスカノールが無敵の1分間に突入!

この1分間でゼルドリスの凶星雲が攻略されるのか注目ですね。


スポンサーリンク



漫画『七つの大罪』最新289話 ネタバレ・考察

無敵の権化が敗れる?

エスカノールが持っている魔力、太陽は正午になると1分間無敵の状態になります。

この状態でエスカノールがメリオダスから攻撃を受けた時に「痒っ」と言っていたほどですから、アリと象ほどの差があったと言えます。

そうだとすれば、エスカノールの勝利は約束されていると思えますが、1分間しか持続時間がないという点では弱点だといえます。

メリオダス戦を終えた後にもすぐに倒れこんでいましたし、天上天下状態は負荷が大きすぎますね。

仮にゼルドリスが1分間耐えられるなら、エスカノールが負けてもおかしくありませんが、エスカノールは聖戦の出発前に血も吐いていたほど体調が悪いです。

ここで無敵の権化が敗れる事になるのでしょうか。

 

ゼルドリスも同じく…

ゼルドリスの本来の魔力は物理攻撃も魔力も効かず、ゼルドリスかた一方的に攻撃されるというものですが、本来ならゼルドリスに負荷がかかってもおかしくありません。

魔神王の魔力が最強の盾となっているという事ですが、エスカノールとはタイプが違うものの無敵という意味では能力も似ているといえます。

本当に負荷がかからないとすれば、エスカノール以上とも感じますが、問題なのは持続時間。

今のところ、ゼルドリスが苦しんでいるような描写もないですし、未知数だといえます。

無敵同志が闘うとなれば、どちらの攻撃も相手に届かない、といった言わば消耗戦になるとも考えられますが、勝敗の分かれ目はやはりエスカノールの1分間でしょうね。

 

ゼルドリスvsエスカノールは…

どちらにもファンが多いですから、読者も目が離せなくなりましたね!

能力値で言えば、エスカノールが勝っている印象ですが、エスカノールが本調子ではないところを見れば引き分けになる可能性も高いですね。

前回のメリオダス戦を彷彿とさせますが、エスカノールがゼルドリスの魔力を打ち破ったとしてもその場で倒れこんでしまうような展開になりそうです。

関連記事:七つの大罪ネタバレ・あらすじ290話「エスカノールが無力化」


スポンサーリンク



漫画『七つの大罪』最新289話に対する読者の評価・感想は?

 

漫画『七つの大罪 』最新刊を今すぐ無料で読める裏技はある?

七つの大罪 ネタバレ 283

通勤電車内や通学中に電車内でサクッと最新漫画が読みたい!

ちょっとした空いた時間に最新漫画が読めるアプリが欲しい!

そんな漫画『七つの大罪 』最新刊を今すぐ無料で読みたい方にオススメなのが、『U-NEXT』という公式サービスになります。

このサービスでは、最新漫画だけでなく、最新の映画・ドラマ・週刊誌なども業界トップクラスで配信されています。

また、U-NEXTを利用するメリットとしては、

  • 最新雑誌が70誌以上が読み放題
  • 雑誌はスマホにダウンロードしておけるので、オフライン環境でも読めます
  • サービスを複数人で利用する事も可能
  • 無料で読める漫画が多数配信されている
  • 会員の方には、毎月ポイントがプレゼントされます
  • 立ち読み機能もあり、最新刊でも20~30ページ読める作品もあります
  • 発売されたばかりの最新刊を無料で読むことも可能

にあります。

何より、U-NEXTをオススメする最大の理由は、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施してからです。


私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さまも、この31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ!

こんなお得なキャンペーンがいつ終わるのかわかりませんので、ぜひこの機会に利用してみて下さいね。

また、本ページの情報はH30年11月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXTを利用する<<

 

U-NEXTの登録手順

U-NEXTの登録手順は、簡単4ステップで登録完了!

  1. まずは下記の公式ホームページにアクセスします。
  2. そして『31日間無料体験』をクリックします。
  3. 必要事項を入力し『次へ』をクリックします。
  4. 無料キャンペーンとなりますが、クレジットカード情報を入力し、『送信』をクリックし、登録完了です!

>>公式HPはこちら<<

 

七つの大罪 ネタバレ 289話 まとめ

ここまで2018年11月14日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新289話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

前回、とうとうゼルドリスの本当の魔力解放とエスカノールの「傲慢」も本気解放となり、目が離せない1分間が始まりました。

エスカノールには、いつまでも七つの大罪メンバーとして今のポジションを維持してほしいのですが、ゼルドリスはどう動くでしょうか。

マエルやメリオダスは、キャメロットにいつ到着するのかも気になりますが、本作で一番長い1分間となりそうですが…。

今回、この長い1分間が目が離せなくなりましたね!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

七つの大罪ネタバレ・あらすじ304話「」

七つの大罪ネタバレ・あらすじ304話「ゼルドリスが仲間になる」

七つの大罪ネタバレ・あらすじ298話「マエルとゼルドリスが戦闘開始」

七つの大罪ネタバレ・あらすじ298話「マエルとゼルドリスが戦闘開始」

七つの大罪 ネタバレ 301

七つの大罪ネタバレ・あらすじ301話「バンと魔神王の近距離戦」

七つの大罪 最新刊 34巻 発売日

七つの大罪最新刊34巻発売日いつ?表紙画像もご紹介

七つの大罪ネタバレ・あらすじ299話「マーリンが呪文を完成」

七つの大罪 最新 293話

七つの大罪ネタバレ・あらすじ293話「マーリンの危機」