頭文字D最終回の結末ネタバレ!その後のストーリーもご紹介

スポンサーリンク
Pocket

今回は、週刊ヤングマガジン掲載漫画『頭文字D 』最終回結末とその後の物語のネタバレをお届け致します。

頭文字Dは一見ごく普通の豆腐屋の息子『藤原拓海』は中学時代から父親の経営する藤原とうふ店の配達の手伝いをさせられており(当然無免許)秋名山の峠道をAE86型(ハチロク)スプリンタートレノで走っているうちに驚異的なテクニックを身に着けていました。

その後、赤城レッドサンズの高橋啓介に勝利したことをきっかけに様々な走り屋からの挑戦を受けることになります。

その後、拓海は高橋啓介の兄、諒介が立ち上げた『プロジェクトD』に参加し、行動最速伝説を築いていきます。

それでは早速、週刊少年マガジン掲載漫画『頭文字D』最終回結末とその後の物語のネタバレをお届け致しますので、最後までご覧くださいね。


スポンサーリンク



漫画『頭文字D』最終回の結末ネタバレ・感想

劇的な決着

最強の敵、拓海と同じハチロクに乗る乾信司との激闘は途中でポジションが何度も入れ替わるという壮絶なものでした。

拓海はゴール直前にブラインドアタックをかけ、信司を抜くことに成功しますがライトを消したことによりハチロクが回転数の限界を超えていたことに気が付きませんでした。

ハチロクはエンジンブローによるタイヤロックでスピンしてしまい、信司も接触を避けるために車体をスピンさせてしまいます。

拓海はとっさにクラッチを切り替え、バックのままゴールラインを走り抜けるという劇的な決着で勝負はつきました。

 

さらばハチロク

そして最終回ではオーバーレヴさせたハチロクは廃車に、そのとき拓海はハチロクに石みたいなものがあって、自分の身体を犠牲にして最後の一伸びを与えてくれたのではといいます。

ハチロクは拓海の手足としていろんな伝説を打ち立ててきた。

そんなハチロクは負けることなく静かに消えていくのがふさわしいのかもしれませんでした。

プロジェクトDの解散パーティでは啓介が拓海と白黒つけたいと語りますが、酔った拓海は言いたい放題。

 

プロジェクトD

その後、プロジェクトDのスタッフはレースやモータースポーツ関連の仕事をしていきたいと語り、啓介と拓海にはプロのチームからオファーがすでに来ているそうです。

そして、高橋涼介が立ち上げた本当の意味でのプロジェクトDはまだ続けるみたいです。

世界に通用するDriverのDiamondの原石を見つけ育てていくこと、それが高橋涼介のDreamであること。それがDの頭文字に込めた願いでした。

 

最終回を読んだ感想

数々のブームを巻き起こした頭文字D、最終回ではその意味が明言されましたが、実はそれ以前に作者がD」の意味は、「ドリフト(drift)のD」と言っています。

拓海の代名詞的な所ありますからね。

そんな頭文字Dはその後の世界のフィールドで頭角をあらわし不世出の天才ドライバーにと呼ばれるようになると語られています。

が、実は現在ヤンマガで続編のMFゴーストが連載されています。

女子高生野球?知らんな


スポンサーリンク



漫画『頭文字D』最終回のその後はどうなってるの?

 

『MFゴースト』

現在、週刊ヤングマガジンで連載されている『MFゴースト』が頭文字Dの続編にあたります。

物語は『頭文字D』より20年近い時間が経過し、内燃機関を動力とする自動車は世界中で生産中止となり、地上のモータリゼーションは自動運転機能を備えたEVやFCVに占拠された時代。

日本で生まれたモータースポーツイベント『MFG』はドローンによって撮影され、世界中にネット配信され爆発的な人気を博していました。

そしてカナダから行方不明の父親を探すためにやってきた『カナタ・リヴィントン』は母方の友人である西園寺夫妻の元に下宿し、その夫妻の友人緒方から提供された車で『MFG』に参戦することになります。

その車はかつて『頭文字D』の主人公、藤原拓海が愛用していたトヨタ・AE86のコンセプトを引き継いだトヨタ・86でした。

マシンスペックでは圧倒的に不利なトヨタ・86でカナタは『MFG』に挑みます。

 

前作の主人公・藤原拓海は?

前作から20年近い時間が経過していますが、前作の主人公藤原拓海はどうなったのか?

一応まとめると、渡英後にラリー競技に参戦し、何度もタイトルを獲得しWRC(世界ラリー選手権)にもスポット参戦します。

特に舗装路で無類の強さを発揮、3年目にタイトルを奪取し「フライングジャン(空飛ぶ日本人)」と呼ばれるほどの存在となります

その後、トヨタ自動車とプロ契約を結んで世界ラリー選手権へのフル参戦が決定しますがマシンテスト中のトラブルによる事故により大けがを負ってしまい引退を余儀なくされています。

「悲運のラリースト」と呼ばれた拓海はレーシングスクールの講師に転身しており、本作主人公のカナタを鍛え上げ、マシンともに拓海の意思を受け継いだ形になっています。

 

MFゴーストの感想

ついに来た待望の続編という感じですね。

世界観としては化石燃料を動力源とする車はスポーツのみで使われる世界観で、将来こんな世の中が来るかもしれないという作者の思いなんでしょうね。

また、『MFG』を考案したキャラクターはリョウ・タカハシと名乗る謎の人物でカナタ曰く天才だそうです。

そんな天才なら医者とかやってそうですね。

いったい何者なんだ!?


スポンサーリンク



漫画『頭文字D』最終回の内容に対するSNSの声は?

 

漫画『頭文字D』最新刊を今すぐ無料で読める裏技はある?

頭文字D 最終回 その後

通勤電車内や通学中に電車内でサクッと最新漫画が読みたい!

ちょっとした空いた時間に最新漫画が読めるアプリが欲しい!

そんな漫画『頭文字D』最新刊を今すぐ無料で読みたい方にオススメなのが、『U-NEXT』という公式サービスになります。

頭文字D 最終回 その後

このサービスでは、最新漫画だけでなく、最新の映画・ドラマ・週刊誌なども業界トップクラスで配信されています。

また、U-NEXTを利用するメリットとしては、

  • 最新雑誌が70誌以上が読み放題
  • 雑誌はスマホにダウンロードしておけるので、オフライン環境でも読めます
  • サービスを複数人で利用する事も可能
  • 無料で読める漫画が多数配信されている
  • 会員の方には、毎月ポイントがプレゼントされます
  • 立ち読み機能もあり、最新刊でも20~30ページ読める作品もあります
  • 発売されたばかりの最新刊を無料で読むことも可能

にあります。

何より、U-NEXTをオススメする最大の理由は、31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施してからです。


私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

皆さまも、この31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ!

こんなお得なキャンペーンがいつ終わるのかわかりませんので、ぜひこの機会に利用してみて下さいね。

また、本ページの情報はH30年10月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXTを利用する<<

 

U-NEXTの登録手順

U-NEXTの登録手順は、簡単4ステップで登録完了!

  1. まずは下記の公式ホームページにアクセスします。
  2. そして『31日間無料体験』をクリックします。
  3. 必要事項を入力し『次へ』をクリックします。
  4. 無料キャンペーンとなりますが、クレジットカード情報を入力し、『送信』をクリックし、登録完了です!

>>公式HPはこちら<<

 

頭文字D 最終回 その後 まとめ

現在もヤングマガジンで好評連載中のMFゴースト、個人的には拓海のラリー競技が描かれると思ったんですが、その過程を吹っ飛ばしての続編ですね。

拓海はもう強くなりすぎて描写しにくいというところもあったので、これはこれでいいですね。

いつか、拓海の過去もちらほらと見てみたい気もしますが、とりあえずは再登場してくれることを期待します。

案外最終回まで出てこなかったりして

以上、頭文字Dの最終回とその後のネタバレ・感想でした。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

orange 最終回 その後

orange最終回の結末ネタバレ!その後の展開は?

アクタージュ 最終回

アクタージュ最終回の結末ネタバレ予想「夜凪景が大女優に成長」

黒子のバスケ 最終回 その後

黒子のバスケ最終回の結末ネタバレ!その後の展開はどうなる?

俺物語 最終回 その後

『俺物語』最終回の結末ネタバレ&その後の展開は?

今日から俺は 最終回 その後

『今日から俺は』最終回の結末ネタバレ!その後の展開は?

うしおととら 最終回 その後

うしおととら漫画最終回の結末ネタバレ!その後の展開は?