七つの大罪ネタバレ・あらすじ282話「ゴウセルの行動の真意」

七つの大罪 最新 282話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2018年9月19日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新282話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介したいと思います。

前回、ついに覚醒し真の妖精王の姿になったキング!

戦闘力どころか見た目も激しく変わってしまって…もともとキングが好きだった読者からっするとかなりショッキングな展開でしたね(笑)

しかし、戦闘力がグンと上がったおかげで、マエルに圧勝の流れです。

それでも、目を覚ましたゴウセルはマエルを救おうと試みる描写がありましたが…

今回、マエルを救う事ができたのか、または消滅してしまうのか展開が気になります!

それでは、2018年9月19日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新282話のネタバレ・あらすじ・考察など最後までゆっくりご覧ください。


スポンサーリンク



前回の内容の振り返り

前回、羽が完全に進化し覚醒したキングの姿を見たエリザベスは、「深く碧い澄んだ湖のような魔力」と表現します。

ディアンヌは、魔力だけでなく雰囲気もまるで違うといい、不安そうな表情をしていますが「オイラはオイラさ」とキングは声をかけます。

キングはディアンヌの心を読んだようで、ドキッとするディアンヌ。

戦いを終わらせようとするキングに、マエルからは延々と呪詛が溢れています。

そんなマエルに「案外キミはお喋りみたいだね」と声を掛けるのですが、エリザベス達には聞こえていないようです。

”慈愛の光玉”でマエルが攻撃してきますが、キングは真・霊槍シャスティフォル第八形態“花粒園(バレンガーデン)”で仲間を守ります。

ディアンヌは、庇うせいで霊槍が使えなくなると心配していますが、キングは真・霊槍シャスティフォル第二形態“守護獣(ガーディアン)”でマエルを殴ります。

マエルはさらに”沈黙の大鎌”を出しますが、真・霊槍シャスティフォル第五形態“増殖(インクリース)」で大鎌を破壊します。

一方的にマエルに攻撃しているキングは、マエルの事はよく知らないけど自分とよく似た共通点があると言い出します。

それは、大切な時間や存在を失ってきたこと、そして失ったものは二度と元には戻らないという事だと言います。

しかし、それでも今ある大切な存在のために生きる事はできる、マエルにもマエルの事を心から思ってくれる存在がいるはずだと続けます。

しかし聞く耳を持たないマエルは”救済の矢”で攻撃を繰り出しますが、キングに返り討ちにあってしまいます。

キングがさらに真・霊槍シャスティフォル第一形態“霊槍(シャスティフォル)」を出しますが、復讐は憎しみを育てる養分にしかならないとマエルを殺さないというキング。

心の中では「これでいいんだよねヘルブラム、オスロー」と言うキングは、それでも気が済まないなら何度でも妖精王ハーレクインが相手になる、と続けます。

マエルは急に苦しみだしますが…。

一方、ゴウセルは夢の中で大切な仲間を助けに行きたいのですが、ナージャが行かせてくれず、「純潔と心を奪い、それが重い枷になってゴウセルの身体を永遠に縛り続ける」というナージャの言葉にゴウセルは喜びます。

永遠という言葉に反応したゴウセルは、自分は何一つ後悔していない、たとえ時間が戻っても何度でもナージャと出会い同じ道を進む、と言います。

ゴウセルは、ナージャは自分の中で唯一の特別で大切な女の子で、その想いをずっと背負って生きていきたいとナージャを抱きしめ、ナージャも感謝します。

空を飛んでいるホークの背中の上で目覚めたゴウセルは、ホークに「一つ願いを聞いてくれ」と言います。

一方、限界を迎えたマエル。

四大天使とはいっても、相反する戒禁の力を4つも取り込み、体力も魔力も尽きてしまい、戒禁に蝕まれて消滅してしまうと話すキング。

ホークはというと、ゴウセルの願い通りマエルの真上に来ていて、ホークから飛び降りたゴウセルは“侵略(インベイジョン)”でマエルの精神へもぐりました。

ゴウセル「マエル、どうかもう一度与えてくれないか。キミを救うチャンスを!!!」


スポンサーリンク



前回の感想

なんといっても、強すぎるキングに言葉が出ません…。

確かに雰囲気はかなり変わってしまいましたが、頼もしい様子がすごくかっこいいですよね。

ゴウセルはマエルを助けたい一心である行動にでましたが、うまく成功するでしょうか…。

 

漫画『七つの大罪』最新282話 ネタバレ・考察

 

マエルは本当に倒せる?

かなり期待はしていたのですが、予想以上の戦闘力を見せたキング!

マエルの戦闘力は20万以上と、エスカノールと戦ったメリオダスを上回る数値であったのですが、キングはさらに上回っています。

霊槍シャスティフォルと複数掃除に発動できる描写もありましたが、一体いくつ同時に発動できるのか…。

  • 第一形態、第二形態:守護獣
  • 第三形態:化石化
  • 第四形態:光華
  • 第五形態:増殖
  • 第六形態:神樹の衣
  • 第八形態:花粉園

限界がないとすれば、これだけの攻撃を同時に繰り出す事ができる可能性もあります。

 

ゴウセルの行動の真意は…

“侵入(インベイジョン)”でマエルを救おうと手を差し伸べるゴウセルですが…。

侵入は、相手に幻覚を見せて精神的に攻撃を与える事もできるのですが、コランドでディアンヌの精神を怨念から引き離した時のように、相手を救うという手段にもなります。

ゴウセルは、自分を犠牲にしてマエルの恨みを晴らそうとしていたのですが、ここからは正統な手段を取っていくことになりそうです。

マエルは、仲間を殺した事で苦悩していると思うのですが、その想いを説き伏せる事で本来のマエルを取り戻せる可能性もあります。

そうともなれば、女神族・四大天使としての資質が戻り、戒禁から解放される…という展開も期待できますが…。

 

マエルはもう救いようがない?!

マエルの体力が尽きた、とキングが言っていましたが、戒禁を4つも取り込んでいますから、納得もいきます。

ゴウセルが救いの手を差し伸べていますが、精神世界でゴウセルに本心を伝え消滅してしまう…という可能性もあります。

または、暴走状態になってしまいここからさらに激しい戦闘が繰り広げられる可能性も。

そうなってしまったとすれば、キングだけで対処できるのか怪しくなってしまうのですが…。

しかし、そこでやっとバンが登場なんて場面になるのかも?

読者の願いとしては、ゴウセルの思惑が成功することに限るのですが…。

関連記事:七つの大罪ネタバレ・あらすじ283話「エリザベスの目的」


スポンサーリンク



漫画『七つの大罪』最新282話に対する読者の評価・感想は?

 

七つの大罪 ネタバレ 最新 282話 まとめ

ここまで2018年9月19日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新282話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

前回、キングのあまりの変わりように驚き戸惑うディアンヌが印象的でした。

キングは「オイラはオイラさ」と普段通りなようで…やはり表情にしても以前のような雰囲気が無いので、ディアンヌの気持ちもわかりますよね。

意識を失っていたゴウセルも、マエルを諦めないように動き出しました。

このゴウセルの行動が成功するのかもカギになりそうですが…、今回も目が離せない展開になりそうです!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

七つの大罪 十戒 ゴウセル 闘級

七つの大罪の十戒メンバーのゴウセルの闘級・生い立ち

七つの大罪 最新 284

七つの大罪ネタバレ・あらすじ284話「バンが60年で得た物」

七つの大罪ネタバレ・あらすじ308話「」

七つの大罪ネタバレ・あらすじ308話「メリオダスの行方」

七つの大罪 最新 287話

七つの大罪ネタバレ・あらすじ287話「ゼルドリスの闘級が判明」

七つの大罪ネタバレ・あらすじ298話「マエルとゼルドリスが戦闘開始」

七つの大罪ネタバレ・あらすじ298話「マエルとゼルドリスが戦闘開始」

キングダム 最新 289話

七つの大罪ネタバレ・あらすじ289話「無敵の権化が敗れる」